経理ウーマン|OLマニュアル|経理の雑誌|経理の勉強|税制改正|経理の仕事|ビジネスマナー|経理用語|経理担当者|株式会社研修出版

 

月刊経理ウーマン

 
 
 
 
   
7月20日発売!
8月号 No.245(7/20発行)

特集/返済不要で国からもらえるお金がこんなにあった!
雇用にまつわる「助成金」
フル活用マニュアル
 
助成金は、銀行融資と違い返済不要の「国からもらえるお金」です。一度もらえれば返済する必要がなく、そのまま会社の純利益となるのですから、使わない手はありません。たとえば利益率2%の会社が100万円の助成金を受給すれば、5000万円の売上を上げたのと同じです。今月の特集では、雇用関係の助成金の中から、ここでは比較的ハードルの低い助成金をまとめてご紹介します。あなたの会社でも利用できないか、ぜひ検討してみてください!
     
 
 
   
「少額減価償却資産」の税務の疑問が氷解するQ&A
「固定資産」を購入したときに検討したいのが「少額減価償却資産の特例」です。ご存知のとおり、この特例制度は減価償却資産を購入した場合に一定の要件を満たせば取得価額を全額損金計上できるという制度です。うまく使えば節税につながる制度ですが、取得価額に消費税は含めるのか? 年間の取得価額に上限はあるの? など、詳しく特例の内容を知らないビギナーの経理担当者もいるようです。ここでは、「少額減価償却資産」の税務処理について、Q&Aで確認していくことにしましょう。

「デキる経理」になるために
今日から実践したい6つの習慣
地味、細かい、いつも電卓やキーボードを叩いている…そんなイメージの経理の仕事ですが、同じように仕事をしていても、いつの間にか「デキる経理」としてスキルアップしている人もいれば、そうでない人もいます。その違いは、日頃の仕事に対する取り組み方や意識の違いにあるのではないでしょうか。ここでは、「デキる経理」になるために実践したい日頃の習慣をアドバイスします。ぜひ今日から実践してみてください。
 
元融資課長が教える
「日本公庫」から上手に公的融資を引き出す法
日本政策金融公庫(日本公庫)は、2008年に四つの政府系金融機関が統合して発足した政府系金融機関です。民間の銀行から資金調達を受けにくい企業にも積極的に融資を行なっており、資金繰りに悩む中小企業では利用を検討してみる価値があります。また、利率が比較的低く、最後まで変わらない「固定金利」であることも魅力です。ただし、スムーズに融資を引き出すには、それなりのコツがあります。ここでは日本公庫の元融資部長が上手に融資を引き出す方法をアドバイスします。
 
「平成30年問題」に対処するための
「有期雇用社員対策」のポイント
現在の労働契約法では、有期労働契約の通算期間が5年を超えると、労働者に無期契約への転換請求権が生じて、労働者が無期転換を申込んだ場合は、使用者は承諾したとみなされます。たとえば1年ごとの更新契約で5年以上勤務しているパートさんが「無期雇用にして欲しい」と申し出た場合、会社はこれを拒めないのです。この労働契約法の規定は平成25年4月1日に施行されました。通算期間はこの施行日を起点としますので、あと2年で「5年更新」の問題が生じます。ここでは、いまのうちに講じておきたい「有期雇用社員対策」のポイントを専門家がアドバイスします。

「中小企業経営承継円滑化法」
ここがこう改正されています
事業承継をやりやすくする目的で7年前に作られたのが「中小企業経営承継円滑化法」です。 しかし、いざ制度がスタートすると、ハードルの高さ、使い勝手の悪さもあって、ほとんど利用されていないのが実情でした。そこで平成25年から要件の緩和が行なわれ、少しずつ使い勝手のよい制度になってきました。たとえば以前は親族に限られていた後継者も、今年からは親族以外のものでも可となっています。ここでは「中小企業経営承継円滑化法」の改正内容をおさらいします
 
編集部イチオシ!
「お洒落&ユニーク Coffee Shop」ガイド
待ちに待った夏休みがやってきます。国内旅行を計画されている人も多いのでは? 旅先で観光地めぐりもよいのですが、気分転換に各地のユニークカフェに足を運んでみるのもお勧めです。ここでは、オーシャンビューのお洒落なカフェから、有名俳優がプロデュースするカフェまで、全国の「お洒落&ユニーク coffee shop」をご紹介します。近所の方もぜひ覗いてみてくださいね。
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(東貴博さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は、コメディアンの東八郎の次男で、現在はテレビや演劇で大活躍中の東貴博さんにご登場いただきました。
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、114ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:9,505円(税別)
     
 
株式会社研修出版
〒112-0012
東京都文京区大塚2-1-9
大矢ビル6階
TEL.03-3944-2684
FAX.03-3944-0937
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
─────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
・月刊仕事とパソコン
─────────────
076594
月刊経理ウーマ
ン
Facebookページ
<<株式会社研修出版>> 〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-9 大矢ビル6階 TEL:03-3944-2684 FAX:03-3944-0937