株式会社研修出版
〒112-0012
東京都文京区大塚2-1-9 大矢ビル6階
TEL.03-3944-2684
FAX.03-3944-0937
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
・月刊仕事とパソコン
───────────────────

月刊経理ウーマン

2月20日発売!
3月号 No.252(2/20発行)

特集/ぎりぎりになって金策に走るのでは遅すぎる!!
「資金繰り」にみるみる強くなる講座
 
経営はキャッシュに始まり、キャッシュに終わると言われています。いくら黒字でも、支払うためのキャッシュが手元になければ、そしてどこからも調達できなければ、会社は倒産してしまいます。そのためにも会社のキャッシュの「入りと出」を管理する資金繰りが重要になります。資金繰りのいい会社は、社長が経営に専念できるため、社内の雰囲気も明るいものです。今月の特集では、資金繰りの基本から資金繰り表の作り方までを分かりやすくレクチャーします。
「新人経理」にイの一番に教えるべきこれだけのこと
今年の春、経理部に新人がやってくる会社もあるでしょう。また、中小企業では中途入社で経理の新人が入社するケースも少なくありません。会社の要となって経営数値を扱わなければならない経理部門。そこにやってきた新人に、まずなにを教えればよいのでしょうか。悩める先輩経理ウーマンの皆さんに、最低これだけは教えておくべきことをアドバイスします。

いろいろあります「お金をかけない」節税策
いくら税金を安くできるといっても、そのために会社からお金が出て行くようでは本末転倒です。たとえば税金を払いたくないからと決算賞与を支給すれば、それなりの効果はありますが、手元の現金は確実に減ります。その意味では、まずは「お金をかけない」節税に取り組むのが賢いやり方だといえます。ここでは、貸倒れの計上から税額控除制度の活用まで節税貧乏にならないための賢い節税策をお教えします。

経理が知っておきたい「平成29年度税制改正」早わかりセミナー【前編】
平成29年度の税制改正の内容が明らかになりました。今年度は配偶者控除の見直しやビール減税、事業承継税制の拡充などが話題になっているようです。経理担当者としては、新年度の税制について、その内容を性格に理解しておくが必要です。ここでは経理の仕事に関連して、平成29年度税制改正の内容を分かりやすく解説します。

経営指標から「適正人件費」を見極める法教えます
人件費も経費のひとつですから、会社としてはなんとか削減できないか考えるのは当然です。しかし、人件費を単純に「経費」とだけ考えると、社内のモラールダウンにつながり、結果的に業績の悪化につながってしまいます。では、人件費にメスを入れるにはどうすればよいのでしょうか。そもそも、自社の人件費が高いか低いかをどう判断すればよいのでしょうか。ここでは、「適正人件費」の考え方について専門家がアドバイスします
 
スムーズに「仕事の引継ぎ」をするための心得帳 
年度末は人事異動の時期です。経理の仕事から離れる人もいれば、新たに経理の仕事につく人もいます。経理の仕事は専門的で内容も多岐にわたり、ミスなくこなすようになるのにも時間がかかります。仕事を離れるときは、次の担当者にきちんとした引継ぎをしたいものです。ここではスムースな引継ぎ方法をアドバイスします
 
ユニーク&おもしろすぎる「花粉症」予防&対策グッズ
いよいよ花粉が飛び交う季節がやってきました。目がかゆくてたまらなくなったり、くしゃみを連発したり…花粉症に悩まされて仕事に集中できないという方も多いのではないでしょうか。花粉症対策のグッズには、マスクやゴーグル(眼鏡)、空気清浄機、サプリメントなどがありますが、どうせならちょっとユニークなグッズを使ってみてはいかがでしょう。ここではUSB駆動ファン内蔵のフードタイプマスクから動物やキャラクターの口周りの写真がプリントされたユニークなマスクまで、花粉症対策のための個性派グッズを8つご紹介します。気が重い花粉の季節を楽しんじゃいましょう!!
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(島田洋七さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は、今月号の「わたしの金銭哲学」ではタレントの島田洋七さんにご登場いただきました。島田洋七さんといえば自叙伝「佐賀のがばいばあちゃん」が600万部を超す大ベストセラーになったことで知られますが、事務所移籍4回、コンビ解消6回、副業失敗、参議院選落選と波乱万丈の人生を送られています。記事にもあるようにピーク時の月収はなんと8000万円! 取材した記者も思わず絶句したとか。島田洋七さんのしゃべり口調で語られる独特の金銭哲学。ぜひご一読ください!
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他

「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:9,505円(税別)