本文へ移動
株式会社研修出版
〒112-0002
東京都文京区小石川5-3-4-
8F
TEL.03-3830-0804
FAX.03-3830-0818
info@kens-p.co.jp
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
2月20日発売!
3月号 No.288(2/20発行)

特集/「儲かるか否か」の分かれ道を知っておく
「損益分岐点」に強くなる3時間講座 
 
経営の基本は、単純に言えば「いくら売れば、いくら儲かるか」にあります。そしてこの「儲かるか否か」の分かれ道が損益分岐点です。損益分岐点を知ることで、商品の値引きはいくらまでなら許容できるのか、材料コストの増加が利益にどの程度影響を与えるのか等が掴めるようになります。損益分岐点は「経営の羅針盤」ともなる数字なのです。今月の特集では損益分岐点の出し方から活用方法までを解説します。損益分岐点に強くなって社長の参謀役を果たしましょう。

最新号/その他の記事

「少額減価償却資産」のことがスラスラ理解できる7Q7A
減価償却資産とは、事業などの業務のために用いられる建物、建物附属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産のことです。その取得金額は、減価償却費として使用期間に応じて費用処理することになりますが、金額が少額の減価償却資産については、支出時に全額費用とすることや3年間の均等償却が認められています。これが「少額減価償却資産」といわれるものです。ここでは「少額減価償却資産」の税務の知識をおさらいしましょう。
 
消費税軽減税率にまつわる「中小企業の特例」おさらいノート
今年10月から消費税等(消費税及び地方消費税)が8%から10%に引き上げられ、あわせて軽減税率が初めて導入されました。そのため消費税の納税額を算出するときには「標準税率10%」と「軽減税率8%」を区分して計算することになります。しかし、ただでさえぎりぎりの人員で経理事務をこなしている中小企業にとって、複数税率の導入は大きな負担増となります。そうした事情を考慮して、2019年10月1日からの一定期間、中小企業については特例措置が設けられています。ここでは消費税軽減税率にまつわる「中小企業の特例」について分かりやすく解説します。
 
もう一度おさらいしておきたい「確定申告」の基本知識
毎年2月から3月は「所得税の確定申告」の時期です。ほとんどの社員の方は年末調整で所得税の精算が済んでいるはずですが、配当所得や不動産所得があった人等は確定申告を行なって税金の精算を行なう必要があります。経理を担当していると、そうした社員の方から確定申告について質問されることもあるでしょう。そこでここでは「所得税の確定申告」の基本知識とあわせて、令和2年の確定申告の変更点等をわかりやすく解説します。
 
定年後再雇用の「給与の額」を決めるときの労務心得
平成25年に、「高年齢者雇用安定法」が施行されたこともあり、現在多くの会社で定年後も引き続き社員を雇用する「再雇用制度」が採用されています。この制度は、一度は退職の形をとり、定年後に新たに雇用契約を結ぶというものですが、その際に会社として悩ましいのが、再雇用者の給与の額をどうするかです。専門家が、定年後再雇用の給与の決め方についてアドバイスします。
 
コンパクト&ユニークな「お雛様」ベスト9
3月3日は桃の節句。もともとは桃の花が咲く時期に、年齢や男女の性別に関係なく、 健康を祈り、災難をはらうことが目的とされた行事でした。それが江戸時代に入り、女の子の健やかな成長と幸せを願う日として定着したと言われています。その雛祭に欠かせないのが雛人形です。最近では大きな雛人形を飾るのは大変だからという理由もあって、小さなスペースで飾れる雛人形が人気を集めています。ということで、ここでは編集部が「コンパクト&ユニーク」な雛人形を厳選してご紹介しました。会社のデスクに飾れば、あなたの女子力がアップすること間違いなし?
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(厚切りジェイソンさん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号では、アメリカミシガン州出身で、わずか17歳でミシガン州立大学へ飛び級で入学。その後、イリノイ大学大学院に進学し、コンピューターサイエンスの修士課程を修了。世界的企業であるGE(ゼネラル・エレクトリック)に入社。2011年には外資系企業の日本法人社長として来日。現在は、IT企業のテラスカイのグローバルアライアンス部長、テラスカイベンチャーズの取締役として活躍するする傍ら、2014年にお笑い芸人としてデビューを果たし、芸歴わずか5ヵ月で、「R-1ぐらんぷり2015」ではファイナリストになった厚切りジェイソンさんに登場いただきました。厚切りジェイソンさんの金銭哲学とは。
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室 他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:11,100円(税込)
TOPへ戻る