経理ウーマン|OLマニュアル|経理の雑誌|経理の勉強|税制改正|経理の仕事|ビジネスマナー|経理用語|経理担当者|株式会社研修出版

 

月刊経理ウーマン

 
 
 
 
   
9月20日発売!
10月号 No.247(10/20発行)

特集/支払う税金が減っても
財務体質が悪くなれば意味がない!
「賢い節税」で
会社を強くする法教えます
 
今期の決算では思った以上に利益が出そう…。でも税金はできるだけ少なくしたい…。そんなときに誰もが考えるのは「節税」で税金を少なくするということです。しかし、同じ税金対策でも、やってはいけない「節税」もあります。たとえば短期的に税金が安くなっても、長期的に見ると会社の体力が弱くなるということでは、「節税」の意味がありません。ではどんな「節税」なら実行してよいのでしょうか。ここでは「賢い節税」の方法について解説します。
     
 
 
   
経理が知っておきたい「自己資本比率」の必須知識
自己資本比率は、数ある経営指標の中でも最も重視される指標です。銀行なども融資の判断にこの自己資本比率を重視します。自己資本比率が小さいほど経営は不安定になり、逆に自己資本比率が高いほど経営は安定します。では、倒産しない会社になるためにはどのレベルを目指せばいいのでしょうか。ここでは自己資本比率の研鑽方法から目安、そして比率を高めるための会計処理の方法まで、経理が知っておきたい「自己資本比率」の知識をまとめてレクチャーします。

間違いやすい「勘定科目」-ここに気をつけよう!!
経理処理をするなかで、皆さんも様々な勘定科目を使い分けていることでしょう。しかし、自分では気づかないままに間違った勘定科目を使っているケースが見受けられます。たとえばよくあるのが「未払金」と「未払費用」。決算において計上すべき費用でまだ支払っていないもの(未払い)を計上するときに、費用の相手勘定科目として間違って「未払費用」を使っているケースがあります。ここでは、間違いやすい勘定科目を取り上げました。日頃の処理が間違っていないかチェックしてみましょう。
 
「経理・総務」の仕事を
アウトソーシングするときの心得帳
最近はインターネットで検索すると、経理や総務のアウトソーシングを引き受ける会社の広告がたくさん出てきます。また実際、経理担当者の突然の退職や人件費の削減のために、アウトソーシングを利用する会社も増えているようです。では、こうした経理・総務の「代行会社」は、どんな業務を、どの程度の費用で引き受けてくれるのでしょうか。また、経理・総務の仕事をアウトソーシングするときには、どんな点に気をつければいいのでしょうか。ここでは経理や総務の仕事をアウトソーシングするときに知っておきたい知識を専門家がアドバイスします。
 
「社会保険料」「労働保険料」の会計処理の実務ポイント
皆さんもおなじみの厚生年金保険料や健康保険料といった「社会保険料」の経理処理。毎月のことなので迷うことは少ないかもしれません。しかし、しかし、なかには社会保険料・労働保険料の徴収と仕訳のタイミングがいまいち分からないというビギナー経理の方もいるようです。また社会保険料を「翌月徴収・翌月納付」している会社と「当月徴収・翌月納付」している会社では、仕訳のタイミングが異なってきます。ここでは、社会保険料・労働保険料にまつわる会計処理について、もう一度確認していきましょう。

2016年度下期の「日本経済」のゆくえをズバリ予測する
アベノミクスによって順調に回復しているように見える日本経済ですが、一方で不安材料も山積しています。英国のEU離脱、バブルの崩壊が懸念される中国経済、そして最近の円高株安まで、経済のゆくえは予断を許しません。2016年の下期の日本経済のゆくえは、経理担当者としても気になるところです。ここでは2016年10月以降の下期の日本経済をズバリ予測します
 
パワー全開の「強力目覚まし時計」カタログ
「春眠暁を覚えず」は春の夜の話ですが、秋もまた涼しい夜についつい寝過ごしてしまう季節です。でも、午前中に大事な会議があるのに、「秋眠暁を覚えず」でぐっすり寝込んでしまって遅刻した!では、あなたの信用問題にもかかわります。そこで使ってみたいのが、爆睡中でも一発で目が覚める「強力目覚まし時計」です。ここでは早起きしないと大爆発を起こす「ダイナマイト 目覚まし時計」から空飛ぶ目覚まし時計まで、パワー全開の目覚まし時計をご紹介します。ただし、心臓の悪い方は使わないほうがいいかも…。
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(野村宏伸さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は、1984年、映画「メイン・テーマ」のオーディションで23,000人の中から選ばれ俳優デビュー。 日本アカデミー賞の新人賞を受賞。1986年に「キャバレー」で映画初主演、 1987年に「ラジオびんびん物語」でテレビドラマ初出演も果たし、その後は、役者としての演技活動を主力として本格派俳優としての地位を確立した野村宏伸さんにご登場いただきました。
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、114ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:9,505円(税別)
     
 
株式会社研修出版
〒112-0012
東京都文京区大塚2-1-9
大矢ビル6階
TEL.03-3944-2684
FAX.03-3944-0937
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
─────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
・月刊仕事とパソコン
─────────────
079747
月刊経理ウーマ
ン
Facebookページ
<<株式会社研修出版>> 〒112-0012 東京都文京区大塚2-1-9 大矢ビル6階 TEL:03-3944-2684 FAX:03-3944-0937