google-site-verification: google7abafc2aaa477195.html
株式会社研修出版
〒112-0012
東京都文京区大塚2-1-9 大矢ビル6階
TEL.03-3944-2684
FAX.03-3944-0937
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
・月刊仕事とパソコン
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
5月20日発売!
6月号 No.255(5/20発行)

特集/課税判定から仕入税額控除の計算までここに注意!
誰も指摘してくれない!!
「消費税の処理ミス」12のケーススタディ
 
すでにおなじみの税となっている消費税ですが、案外、処理の間違いが多いものです。税抜きしてはいけない経費を税抜処理してしまっていたり、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険等を課税仕入れとして処理したり……。あなたの日頃の処理は大丈夫でしょうか? 今月の特集では、消費税の実務に関連して、間違いやすいケースを取り上げ、正しい処理のポイントをアドバイスします。
「ペーパレス経理」を上手に導入するための6つのポイント
経理効率化の鍵は「ペーパーレス」だ!という声を良く聞きます。たしかにパソコン経理を導入しても、「紙を見ながら数字を入力する」といった状態では、二度手間や入力ミスが発生する可能性が高くなります。しかし、ERP(Enterprise Resource Planning=企業におけるヒト・モノ・カネなどの情報を統合管理するシステム)の導入まではムリ……という中小企業も少なくありません。では、小さな会社でとりあえず着手できる「ペーパレス経理」にはどんな方法があるのでしょうか。導入ポイントをわかりやすく解説します。
 
社長の「公私混同」を自重してもらうための上手な伝え方
オーナー企業で常に問題になるのは、社長の「公私混同」です。もどう見ても私的費用なのに交際費での処理を命じられたり、家族の生活費が経費として回ってきたり……。「公私混同」の対応に四苦八苦している経理ウーマンや税理士もいるようです。公私混同があまりに目に付くようになると、社員の士気が落ちてしまいかねません。ここでは、社長の「公私混同」を自重してもらうための伝え方をアドバイスします。
 
中小企業にも影響が大きい「労務をめぐる最新事情」[前編]
政府は現在、残業上限を月平均60時間にするなど長時間労働是正に向けた議論を進めています。あわせて「働き方改革実現会議」では、同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善や高齢者の就業促進なども議論されています。いま企業を取り巻く労働・労務環境は大きく変化しつつあります。ここでは労務担当者として抑えておきたい「労務をめぐる最新事情」を解説します。
 
平成29年度税制改正で創設された
「中小企業経営強化税制」の内容と活用術
平成29年度税制改正で「中小企業経営強化税制」が創設されました。この税制は今年4月から使えますので、積極的な投資を考えている会社では、ぜひ活用を検討したい制度です。ただ、中小企業経営強化税制は、従来のB類型の申請手続きに「経営力向上計画」の申請が必要となってきます。つまり、経営力向上計画が認められなかったり、間に合わなければ使えないという「落とし穴」があるのです。具体的な内容と活用方法をアドバイスします。
 
編集部厳選!!「オススメ株主優待」ガイド
株主優待とは、自社の株式を保有してくれている株主に対して、感謝の気持ちを込めてうちの会社の株を保有してくれてありがとう!』という気持ちをこめて、自社製品や商品券などを贈るものです。なかには利回り換算で10%近くになる株主優待もあります。低金利の今、検討してみる価値はありそうですね。ここでは、10万円から数十万円の投資で貰える「オススメの株式優待」をご紹介します。株主の特権を手に入れましょう!
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(片岡鶴太郎さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は、今月号の「わたしの金銭哲学」では片岡鶴太郎さんご登場いただきました。バラエティー番組で人気の鶴太郎さん。現在は日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など多くの賞を受賞し役者としても活躍しています。その鶴太郎さんの金銭哲学とは。ぜひご一読ください!
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:9,505円(税別)