本文へ移動
株式会社研修出版
〒112-0002
東京都文京区小石川5-3-4-
8F
TEL.03-3830-0804
FAX.03-3830-0818
info@kens-p.co.jp
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
7月20日発売!
8月号 No.281(7/20発行)

特集/消費税の調査の強化 マイナンバーの活用……
「税務調査」の最新動向&トラブル回避のための対応心得
 
税務調査は1年間で約10万件実施されています。法人の申告数が約300万社ですから年間で約3%強の法人に税務調査が行なわれている計算になります(平成29事務年度/法人税等の調査事績の概要より)。平成25年から税務調査の手続きが大幅に変わったこともあり、一時期は実地調査件数が減少していると伝えられていましたが、最近は少しずつ調査件数が増加してきているようです。今月の特集では、税務調査の立会件数年間70社以上という、税理士業界でもダントツの税務調査実績を誇る税務調査専門税理士が税務調査の最新動向とトラブル回避のための対策をレクチャーします。一般に税務調査が多いといわれる時期(9月~12月)を前に、あらかじめ最新の税務調査動向を把握して万全の準備をしておきましょう。

最新号/その他の記事

「税法上の繰延資産」のことがスラスラわかるQ&A
繰延資産とは、本来であれば費用に計上されるべき支出が、いったん資産計上された後に償却することが認められている費用のことをいいます。簿記を勉強した経理ウーマンの皆さんであれば創立費や開業費などが頭に思い浮かぶかもしれません。実務的に繰延資産は「会計上の繰延資産」と「税法上の繰延資産」にわかれます。これらはそれぞれどんな内容なのでしょうか? また「税法上の繰延資産」の会計処理ではどんな点に気をつければよいのでしょうか? ビギナーの疑問にQ&Aでお答えします。
 
知っているようで知らない「社会保険の手続き」教えます
社員を新しく採用したら社会保険に加入しなければなりません。加入のための手続きや毎月の保険料の徴収については、皆さんもよくご存知かもしれません。ただイレギュラーなケースが出てくると、その取扱いに迷ってしまうことがよくあります。たとえば新しくアルバイトを採用したり、外国人を雇用したときは、社会保険の取扱いはどうなるのでしょうか。ここでは知っているようで知らない「社会保険の手続き」について解説します。
 
会社のカネ回りを良くするための「銀行交渉」のテクニック
多くの中小企業では銀行借入れによって資金繰りを回しています。この銀行借入れ、借り入れるときは銀行マンといろいろやりとりをしても、借入れ後は毎月支払う金利に無関心という企業が少なくありません。しかし、高い金利を払い続ければ、それだけ自社の財務体質は弱くなります。交渉のやり方によっては金利を引き下げることも可能なのです。ここでは会社のカネ回りを良くするための「銀行交渉」のテクニックを伝授します。
 
自分の会社の健全性を知るために見るべき「財務指標」
会社の財務の健全性を知るためにはどうすればよいのでしょうか? すぐに思いつくのは、さまざまな財務指標について業界平均や他社と比較することです。しかし、自己資本比率等を他社と比較して意味があるのでしょうか。これらの指標は、業種や規模によって健全性を図る目安も変ってくるからです。ここでは、自分の会社の健全性を把握するための「財務指標」について解説します。
 
大人も子供も楽しめる「変りダネ花火」特選カタログ
夏といえば花火。大規模な花火大会で大輪の花火を見上げる風景は夏の風物詩ですね。でも、ときには家族で、友人同士で、ミニ花火大会を開催してみてはいかがでしょう。夜の闇の中で一緒に花火を見ていると家族の絆や友情が深まるかもしれません。ここではそんなミニ花火大会を盛り上げてくれる面白&ユニークな花火を厳選してご紹介します。あなたも今年の夏の思い出づくりに花火を楽しんでみませんか?
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(牧原俊幸さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号では、1983年にフジテレビに入社、『カノッサの屈辱』『カルトQ』『食わず嫌い王決定戦』『クイズ!ヘキサゴンⅡ』など、数々の名番組でナレーションや天の声、クイズの出題を担当、2018年7月にフジテレビを定年退職し、現在はフリーアナウンサーとして幅広く活躍中の牧原俊幸さんにご登場いただきました。
 
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室 他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:10,865円(税・送料込み)
TOPへ戻る