本文へ移動
株式会社研修出版
〒112-0002
東京都文京区小石川5-3-4-
8F
TEL.03-3830-0804
FAX.03-3830-0818
info@kens-p.co.jp
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
1月20日発売!
2月号 No.275(1/20発行)

特集/事前の要チェック項目から
黒字・赤字見込みのときの決算対策まで
経理が抑えておきたい「決算準備」まるわかり
 
いよいよ多くの会社が決算を迎える3月末がやってきます。決算は経理にとって1年で最大のイベント。決算書の作成そののもは税理士さんにお任せするとしても、事前の準備から決算対策の検討まで、経理主導でやらなければならない業務は少なくありません。今月の特集ではスムーズに決算を迎えるための準備について、わかりやすくアドバイスします。

最新号/その他の記事

財務会計の「略称表記」の意味が理解できる講座
会計用語では、B/S(Balance Sheet=貸借対照表)やP/L(Profit and Loss Statement=損益計算書)のように略称表記が多くあります。B/SやP/Lは皆さんにもなじみがあるでしょうが、たとえばROAやROEの意味を聞かれて即答できる人は少ないのではないでしょうか。財務会計でよく出てくる略称表記の意味をどこよりも分かりやすく解説しました。
 
「特別償却」「税額控除」のことがスラスラわかる30分講座
皆さんも「特別償却」や「税額控除」という言葉を聞いたことがあるでしょう。特別償却は通常の償却費に上乗せして償却費の計上を認めるもの、税額控除は、通常の減価償却費の他に一定割合の税額を減免するもので、いずれも高額の機械や設備、ソフトウェアを購入した際に受けることのできる優遇税制です。しかし実際のケースでは、どちらを選択すれば有利なのか迷うことも少なくありません。ここでは「特別償却」「税額控除」の内容と選択ポイントを分かりやすく解説します。
 
経理担当者の「急な退職」「長期休職」に備えてやっておくこと
中小企業では経理担当者が一人でなにもかもこなしているケースがほとんどです。その頼りにしている経理担当者が突然退職してしまうと、会社の経理事務はもちろんのこと、総務や給与計算までの事務が滞ってしまいます。こうしたときに社内の事務を滞らせないためには何より日ごろの準備が必要です。ここでは経理担当者の「急な退職」や「長期休職」で慌てないために、日ごろからやっておきたいことをアドバイスします。
 
社員の「出向」にまつわる給与・賞与の経理処理
「出向」とは、たとえば親会社(出向元)が雇用している社員を在籍させたまま子会社等(出向先)で勤務させるものです。出向者について迷うのが給与・賞与の扱いです。出向者への給与の支給方法としては、出向先が出向者に直接支給する方法や、出向元が支給し、出向先が出向元に対して給与負担金として支払う方法等がありますが、この場合の税務の取扱いはどうなるのでしょうか? 社員の「出向」にまつわる給与・賞与の経理処理のポイントを解説します。
 
人手不足時代で増加する一方の「労務トラブル」の賢い解決術
社員の権利意識の強まりや最近の人手不足を背景として「労務トラブル」が急増しています。トラブルが発生した場合に何より大切なのが、最初の対応です。小さな問題だと高をくくっていると、会社の経営を揺るがす大問題につながることもあります。ここでは労務トラブルを専門とする弁護士が、その初動対応と賢い解決策をアドバイスします。ボヤを大火事にしないためにも必読です!
 
もらった人が爆笑してしまう超ユニーク「バレンタイン・チョコ」
ローマに実在したキリスト教の司祭「バレンタイン」に由来して名付けられたバレンタインデー。毎年2月14日は女子にとってはずせない大切な日となっています。今年もバレンタインデーを前に、どんなプレゼントを用意しようか思案中の女性も多いかもしれませんね。そこでここでは、貰った人が思わず笑ってしまう超ユニークなチョコをご紹介します。今年のバレンタインはサプライズ間違いなしのチョコをチョイスしてみてはいかがでしょうか。
 
有名人が語る「わたしの金銭哲学」(徳光正行さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号では、バラエティ番組やラジオ、ナレーションなどでも活躍中の徳光正行さんにご登場いただきました。
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室 他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:10,865円(税・送料込み)
TOPへ戻る