本文へ移動
株式会社研修出版
〒112-0002
東京都文京区小石川5-3-4-
8F
TEL.03-3830-0804
FAX.03-3830-0818
info@kens-p.co.jp
【電話受付時間】
平日10:00~15:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
1月20日発売!
2月号 No.299(1/20発行)
 
特別企画/直前になって慌てないためにこれだけはやっておこう!!
これで万全!! 
「決算準備」のことがまるごと分かるセミナー
 
新年を迎えて早くも2月。3月決算の会社ではその準備に追われる時期がやってきました。皆さんもご存じのとおり、会社の決算は原則として「決算日から2ヵ月以内」に税務申告し納税する必要があります。期限が定められているだけに事前の準備がなにより大切となります。決算準備を怠ると、結果として税務申告が期限までに間に合わないといったことにもなりかねません。今月の特集では決算前にやっておくべき準備を解説します。直前になって慌てないためにも早めに着手しましょう!!

最新号/その他の記事

「同一労働同一賃金」への労務対策のポイント
2020年4月に正社員と非正規社員の間の不合理な待遇差の禁止を定めた「パートタイム・有期雇用労働法」が施行されました。当初は大企業のみへの適用でしたが、今年4月からは中小企業にも適用されることになります。これによって、同じ条件であればアルバイトや契約社員であっても正社員と同様の待遇をしなければならなくなります。ここでは「同一労働同一賃金」への中小企業の労務対策を解説します。

「決算賞与」を支給するときに知っておくべき税務の知識
3月決算企業で黒字見込みの会社では決算対策を検討する必要があります。その対策の1つが決算賞与の支給です。ただし決算賞与を当期の事業年度の損金として計上するためには、いくつかの要件があります。逆に言えば税法で決められた要件を満たさなければ、決算賞与を支給しても節税にはならないのです。「決算賞与」を支給するときに知っておくべき税務の知識を分かりやすく解説します。

「消費税のリバースチャージ」のことが理解できる講座
消費税に関連してリバースチャージ方式という言葉を聞くことがあります。リバースチャージ方式とは、「国外事業者から事業者向け電気通信利用役務の提供を受けた場合、サービスの受け手である国内事業者に消費税を課す」方式です。なにやら難しく聞こえますが、要するに海外のインターネットサービスを国内の会社が利用した場合に、利用した側の国内の会社が消費税を納める制度です。2015年に導入された制度のため、理解不足が原因で消費税の申告漏れが多いともいわれています。ここでは「消費税のリバースチャージ」のしくみを分かりやすく解説します。

おもしろ&便利な「新型コロナウイルス」対策&予防グッズ集
寒い時期を迎えて感染者の増加が懸念される「新型コロナウイルス」。そんな中、最近はコロナ対策&予防のためのさまざまなグッズが売り出されています。ここでは編集部イチオシの「新型コロナウイルス」対策&予防グッズをご紹介します。笑顔がプリントされたそっくりさんマスクからドアノブ・つり革などとの接触を避けるための非接触グッズまで、楽しく便利な商品ばかり。三密を避けて手洗いを行なうなどの対策とあわせて、こうしたおもしろ&便利なグッズを使えば、感染防止だけでなく、世の中の暗いムードを少しは明るくできるかもしれませんよ。

有名人が語る「わたしの金銭哲学」(里崎智也さん)
各界の有名人にお金にまつわるエピソードや哲学をうかがう本連載ですが、今回は鳴門工業高校から帝京大学に入学。4試合連続本塁打のリーグ記録を達成。98年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団し、2005年、10年には日本一を2度経験した里崎智也さんに登場いただきました。現在は千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーを務め、テレビ朝日「グッドモーニング」などテレビ・ラジオに多数出演している里崎智也さんの金銭哲学とは…。

■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室 他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:11,100円(税・送料込)
TOPへ戻る