本文へ移動
株式会社研修出版
〒112-0002
東京都文京区小石川5-3-4-
8F
TEL.03-3830-0804
FAX.03-3830-0818
info@kens-p.co.jp
【電話受付時間】
平日10:00~15:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
9月20日発売!
10月号 No.307(9/20発行)
特別企画/毎月の財務状況を把握して迅速な経営判断につなげよう!!
儲けにつながる「月次決算」のつくり方&活かし方
 
皆さんの会社では月次決算を行なっているでしょうか? 月次決算は、年度末に行なう年次決算とは異なり、毎月の営業成績や財務状況を把握するために実施するものです。月次決算によって月ごとの財務状況や営業成績が明確になるため、タイムリーな経営判断が可能となります。しかし、実際には月次決算を行なう時間がない、月次決算はやっているけど時間がかかって仕方がない…といった悩みを聞くことが多くあります。今月の特集では月次決算のスピードアップを図るたの方法や、正確な年次決算につなげるためのポイントなど、「月次決算」のつくり方&活かし方を多角的に解説します。

最新号/その他の記事

「税理士さん」から経理担当のあなたへの5通の手紙
経理担当者の仕事と切っても切れないのが税理士さんの存在です。しかし、顧問税理士はいるものの普段あまり話したことがない、月次監査で税理士さんが来社した時も社長と懇談するだけといったケースは意外と多いようです。税理士さんは経理担当者にとって敷居の高い存在になっているのかもしれませんね。ここでは5人の税理士さんが、経理担当者に望むこと、伝えたいことなどを手紙形式で伝えます。

「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の違いがわかる講座
会社法では、会社という組織について、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4つの形態を定めています。では、この会社組織の形態はどう違うのでしょうか? それぞれのメリット・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか? 最近は副業を認める会社も増えています。また新しい取引先が株式会社以外の形態をとっていることもあるでしょう。この機会にそれぞれの違いを押さえておきましょう。

社員が退職したときの「労務・税務」の手続き一覧
従業員が退職したときには、社会保険や雇用保険、税金関係の手続きが必要になります。この手続きが遅れると退職する従業員に迷惑をかけることにもなりかねません。具体的には、社会保険や雇用保険の脱退手続き、源泉徴収票の発行や住民税の特別徴収の納付の手続きなどがありますが、いずれも期限が決められているため、慌ただしいなかでの事務となります。ここでは社員が退職したときの「労務・税務」の手続きを解説しました。ミスや漏れ防止のためにお役立てください。

なんとなく取っつきにくい「圧縮記帳」のことが理解できるQ&A
皆さんも「圧縮記帳」という言葉は聞いたことがあるでしょう。しかし実務ではあまり出てこない会計処理だけに、正確にその意味を理解している人は少ないかもしれません。圧縮記帳は会社が補助金や助成金、保険金などをもらって固定資産を取得した場合に、固定資産の取得額を減額して収益と相殺し、取得年度の税金の負担を軽減するための処理です。ここでは「圧縮記帳」にまつわる知識をQ&Aで解説します。

いろいろあります「付箋&伝言メモ」ユニークカタログ
会議資料や書籍にはさむ付箋、不在の人に用件を伝えるための伝言メモは、デスクワークのマストアイテムです。ほとんどの人はシンプルでオーソドックスなものを使っていることでしょう。でも、ときには遊び心のある付箋や伝言メモを利用してみてはいかがでしょう? ここでは超ユニークな「付箋&伝言メモ」をまとめてご紹介します。これを使えばビジネスシーンの緊張がほぐれるかもしれませんよ。さっそくチェックしてみましょう!!

有名人が語る「わたしの金銭哲学」(鈴木大地さん)
各界の有名人にお金にまつわるエピソードや哲学をうかがう本連載ですが、今回は、ソウル五輪では得意の「バサロスタート」を駆使し、100M背泳で金メダルを獲得。当時、日本競泳界では16年ぶりの金メダル獲得の快挙となり、日本の水泳を一気にメジャースポーツに引き上げた。2013年に連盟史上最年少の46歳で日本水泳連盟会長に就任。2015年から2020年まで、初代スポーツ庁長官を務めた鈴木大地さんにご登場いただきました。
 
■連載記事■
景気を読む/今月の事務チェックポイント/実務レッスン講座/税理士のひとりごと/今月のシネマ/ホームページガイド/お気に入りの「この1冊」/仕訳ワンポイントレッスン/税金用語辞典/読者の井戸端会議室  他
 
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、116ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:11,100円(税・送料込)
TOPへ戻る