株式会社研修出版
〒112-0012
東京都文京区大塚2-1-9 大矢ビル6階
TEL.03-3944-2684
FAX.03-3944-0937
【電話受付時間】
平日10:00~17:00
───────────────────
・月刊経理ウーマン
・月刊OLマニュアル
・月刊仕事とパソコン
───────────────────

月刊経理ウーマン

 
経理ウーマンの仕事は本当に幅が広いもの。本来の仕事である経理業務だけでなく、総務・人事・社会保険と種々様々です。しかも、それらの事務はミスが出たとき「ゴメンナサイ」では済まされません。「勉強したいことはたくさんあるのに時間が足りない!」とお悩みの方、「月刊経理ウーマン」にお任せください。本誌では経理・税務から総務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説しています。しかも手軽に読めるコンパクトサイズ(A5判・114頁)。もちろん男性の経理ご担当者にも参考になる内容です。通勤電車であなたの経理センスに磨きをかけてみませんか?
最新号ではこんな内容が掲載されています。
■2017年3月号(2/20発行)
特別企画/ぎりぎりになって金策に走るのでは遅すぎる!!
「資金繰り」にみるみる強くなる講座
 
●「新人経理」にイの一番に教えるべきこれだけのこと
●いろいろあります「お金をかけない」節税策
●経理が知っておきたい「平成29年度税制改正」早分かりセミナー[前編]
●経営指標から「適正人件費」を見極める法教えます
●スムーズに「仕事の引継ぎ」をするための心得帳
●ユニーク&おもしろすぎる「花粉症」予防&対策グッズ集
●有名人が語る「わたしの金銭哲学」(島田洋七さん)

今月号の記事

経理ウーマン3月号/
ぎりぎりになって金策に走るのでは遅すぎる!!
「資金繰り」にみるみる強くなる講座
金融コンサルタント 須藤幸市
 
 皆さんも「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるでしょう。いくら会社が利益を出して決算書の上では黒字であっても、いったん資金の流れが止まってしまえば「倒産」という最悪の事態に陥りかねません。また、手形や小切手を振り出している場合には、当座預金が残高不足になれば即不渡りが発生してしまいます。
 取引先への支払いに「待った」はききません。たとえば、明日1000万円の入金の予定があっても、今日100万円の支払手形が決済できなければ不渡りを出してしまいます。「1日くらい、待ってくれてもいいのでは…」は通用しないのです。
(詳しくは本誌をご覧ください)
経理ウーマン3月号/
なにごとも最初が肝心だ! 鉄は熱いうちに打て!!
「新人経理」にイの一番に教えるべきこれだけのこと
タクシア会計事務所代表・税理士 木村三恵
 
 新入社員が入社する季節になりました。皆さんの部署にも新人が配属され、その指導に頭を悩まされる方が多いのではないでしょうか? 私自身、新人時代に先輩から教えていただいたことで、とても強く印象に残っていることがあります。
 現金や棚卸資産の実地調査いわゆる実査をしていた時のこと。会計の仕事をはじめたばかりの私にとっては、「実査をする=相手を疑う」のような気がして、相手に「実査をさせてください」とお願いすることを躊躇しがちでした。そんな時に先輩からこんなことを教わりました。
 「実査をするということは相手の責任を共有すること。我々が実査をすることで、なにか問題が発生した場合に、担当者の責任の負担の一部を肩代わりしてあげられる。会計はお金を扱う責任の重い仕事だから、皆で責任を共有する仕組みを作ることが大切なのよ」
(詳しくは本誌をご覧ください)
経理ウーマン3月号/
節税貧乏になりたくなければこの方法がおススメ!!
いろいろあります「お金をかけない」節税策
マネーコンシェルジュ税理士法人・代表税理士 今村仁
 
 節税とひと口にいっても、その形態は様々です。私は節税を大きく3つに分けて考えています。それは「良い節税・悪い節税・普通の節税」です。
 それでは「良い節税」とはどのようなものでしょうか。私なりに良い節税3ケ条をまとめてみました。
 第1条 資金不要であるべし 第2条 永久的な節税であるべし 第3条 高い節税効果があるべし
 すべてを満たすのはなかなか難しいかもしれませんが、例えば「資金不要」で「永久的な節税」対策としては、不良資産や不良債権の処理を税法の基準に従って、それぞれ「貸倒損失」や「固定資産除却損」に計上するようなことが挙げられます。
(詳しくは本誌をご覧ください)
「月刊経理ウーマン」
●創刊:1996年4月●体裁:A5判、縦組、114ページ ●発行日:毎月20日●年間購読料:9,505円(税別・送料込)

前月号の記事

経理ウーマン2月号/
特集/支給額の計算方法から税務処理まですべてわかる!!
中小企業の「役員退職金」のことが分かる講座
東京横浜会計 税理士 森哲哉
 
 会社勤めをした方たちが辞められる場合、退職金が支給されますが、社長や取締役が退任した際にも、やはりまとまった金額が支払われることになります。そのまとまった金額は役員退職金や役員退職給与と呼ばれ、一般に多額なものとなります。
 少々小難しい話になりますが、会社法はこの役員退職金について、「職務執行の対価として受け取る財産上の利益」であると規程しています。では、役員退職金が職務執行の対価であるとすれば、会社がその金額を自由に決められるのでしょうか?
 最近のニュースで、ソフトバンクグループが、在任期間わずか1年10ヶ月の副社長ニケシュ・アローラ氏に68億円もの退職金を支払ったことが報道され話題になりました。68億円という金額が在任期間の職務執行の対価として高額なのか、低額なのか、外部の者にはなかなか判断がつきません。
(詳しくは本誌をご覧ください)
経理ウーマン2月号/
意外と知られていない「節税商品」を使って老後の不安に備える!
「個人型確定拠出年金」の活用法がみるみる分かるQ&A
ファイナンシャル・プランナー 平野泰嗣
 
 老後の生活を保障する制度として、自営業者や専業主婦などが加入する国民年金と、サラリーマンや公務員などが加入する厚生年金などの公的年金があります。さらに、より豊かな老後を暮らせるように、公的年金の上乗せの給付を保障する制度として、私的年金があります。
 私的年金を大きく分けると、加入した期間などに基づいてあらかじめ給付額が定められている確定給付型年金と、拠出された掛金が加入者ごとに区分され、その掛金と自らの指図による運用(運用商品を自分で選択)の運用益との合計額をもとに、給付額が決定される確定拠出年金に分かれます。
(詳しくは本誌をご覧ください)
  
経理ウーマン2月号/
複数税率対応レジの導入、受発注システムの改修などで利用したい!
「軽減税率導入時の補助金」の制度&手続き早分かりセミナー
税理士 栗原洋介
 
 消費税の軽減税率とは、消費税率が10%に引き上げられることにともない、税負担の重くなる低所得者への配慮として導入される新しい制度です。 これまでの消費税率は単一の税率でした。しかし、軽減税率が導入されると、販売する商品の品目に応じて、「標準税率の10%」と「軽減税率の8%」という、複数の税率への対応が必要になります。 軽減税率の対象となる品目は、次のとおりです。
① 飲食料品(酒類を除く)
② 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)
(詳しくは本誌をご覧ください)

前々月号の記事

経理ウーマン1月号/
特集/7人の専門家がステップアップの方法を
ズバリアドバイス!!
経理スキルを磨くための「自己啓発」の極意
税理士 鈴木一彦
 
 税理士という仕事をしていると、お客様の経理担当者や新人のスタッフに対して経理の仕事について教える機会が良くあります。会計処理や税務手続き、役所への届出書の作成など、専門的な知識が要求されるものも多いので、ちょっと難しいなぁという顔をする方も多いようです。そんなちょっとした不安を抱えている方に、私は3つのスキルを意識するようにアドバイスをしています。それは「正確力」「検証力」「効率力」という3つのスキルです。
(詳しくは本誌をご覧ください)
経理ウーマン1月号/
平成29年1月1日からは健康保険・厚生年金保険関連でも
記載が必要になる!!
「社会保険手続き」で知っておきたい
マイナンバーの知識
特定社会保険労務士 小岩和男
  
 マイナンバー制度とは簡単に言うと、国民個々人に固有番号(マイナンバー)を付番し、その番号によって複数の行政機関に存在する個人の情報を連携させるための社会基盤制度のことです。この制度が導入されることによって、行政が効率化され、国民の利便性が高まり、公平・公正な社会の実現が可能になります。
 情報連携(ネットワークシステム)を活用した地方行政機関を含む各機関の情報連携は、平成29年7月から順次始まる予定です。情報連携が始まると、行政手続きの際、課税証明書等の添付書類が省略できる等合理化・簡素化が図れ、国民の負担軽減・利便性の向上が実現されます。
(詳しくは本誌をご覧ください)
経理ウーマン1月号/
これができればあなたは経営者の右腕になれる!!
経理ウーマンが必ず社長に「報告」すべき
3つのこと
原&アカウンティング・パートナーズ 代表 原尚美 
 
 よく社長は、「孤独な存在」だと言われます。実際、社長がどれだけ「孤独」か、経理ウーマンの想像をはるかに超えたものだと思ってあげてください。
 では質問です。社長の仕事は、何ですか? 皆さんの会社の社長、毎日、どんな仕事をしているか、ちょっと観察してみてください。営業、マネジメント、資金調達、人事管理、従業員が10人以下の小さな会社なら、製造や開発の現場でも、汗を流しているかもしれませんね。
 わー、社長って大変! と思ってしまいますよね。でも、本当に大変なのは、社長が一人で何役もこなさなければならないからではありません。社長は、社長にしかできない、とても、とても重要な仕事を、毎日こなしているのです。社長にしかできない仕事。他の誰にも変わってもらうことができない仕事。それは、「決断」です。
(詳しくは付録をご覧ください)